訪問歯科の解説

ホーム>訪問歯科

訪問歯科

訪問歯科

当院の訪問歯科食事は健康の源と言っても過言ではありません。 日本は今や超高齢化社会に突入しております。
そんな中、人生の楽しみの一つであるはずの食事が楽しめないご高齢者の方が多くおられます。
会社の為、ご家族の為にこれまで粉骨砕身働いてこられた方々に、歯科医として微力ながらお力添えするものが訪問歯科診療なのです。

当院は、今後とも口腔ケアが必要な患者様目線に立った歯科診療を行って参ります。

訪問歯科診療エリア

areamap[1]

健康保険では、訪問歯科を行なっている医院の半径16km以内と定められています。

診療日及び診療時間

訪問日時につきましてはその都度ご相談の上決定致します。

月曜日~土曜日 9:00~18:00
休診日/日曜祝日

歯科検診

当院では、病院、老人ホーム等の施設におきまして歯科検診を行なっております。
ご要望がございましたら、当院までお気軽にお問い合わせください。

訪問診療と一般外来診療との違い

一般診療も当然ですが、訪問診療には特に全人的な視野が必要となります。
具体的には、お口だけでなく、患者様お一人おひとりへの精神的なケアも必要となってくるということです。
また同時に介護的な視点も欠かせません。

そして何よりもなかなかご自身の症状を的確に伝えることが難しい方もおられることから、 しっかりと時間をかけてお話をすることが大切です。

外来診療と同じく訪問診療にも、揺らぎなく根底にあるものは 「優しく接する気持ち」です。

当院の訪問歯科診療の心構え

全身疾患・摂食状況・服薬状況・感染症対策など、より全人的な視野を持ち治療を行うこと
診療をゆっくり行うこと
入れ歯をしっかり調整しても、お若い方と違い、 ご高齢者の方はお口の筋肉が衰えていることも多くございます。 そのような状況で急いで治療を行うとかえって患者様の負担となることもあるのです。

ご家族との密な連携と人間関係を作ること
普段の口腔ケアの大部分は訪問する歯科医ではなく、ご家族の方が担っております。
そこで当院ではご家族の皆様との信頼関係作りを重視しております。

寝たきりや障害などによって通院が困難な方々のために

以下のような症状の際に訪問歯科診療をご用命ください。

動けないので、歯の治療を我慢している。
おいしく食べることができない。
歯の健康を維持したい。
噛む力が衰えてきた。
口臭が気になる。
入れ歯を作りたい、入れ歯が合わなくて困っている。
食べること、話すことが煩わしい。

お申し込みから、受診・ケアまでの流れ

往診の際、交通事情により時間が前後する場合があります。
あらかじめご了承ください。

1. お申込み お申し込みは、お電話かFAXにてお申込みください。
患者様ご本人、ご家族様、または介護者の方からもお申込みいただけます。 ご相談に関しても無料にて受け付けております。お気軽にお問い合わせください。
2. 訪問日時の決定 お申込者のご希望に沿って、訪問日と時間を決定します。
簡単な問診をいたします。
3. 訪問診療当日(治療開始) 歯科医師・看護士・歯科衛生士・助手でお伺いします。
初診時に各種保険証を提示していただきます。 その他、特に用意していただくものはございません。
1度にかかる診療時間は30分程度です。
4. 治療終了 治療後は口腔ケアはもちろん定期的な検査やアフターケアも行い、万全の状態を維持できるよう治療計画をたてサポートしていきます。
5. 定期クリーニング 入れ歯のかみ合わせのチェックと入れ歯の清掃。
残っている歯の虫歯チェックと歯石の除去を行ないます。
6. 口腔ケア 寝たきりで歯ブラシが使用できない人への歯肉チェックと口腔内の清掃を行ないます。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional