口腔外科の解説

ホーム>口腔外科

口腔外科

口腔外科

口腔外科とは

画像の説明

口腔外科とは、口腔、顎、顔面ならびにその隣接組織に現れる先天性および後天性疾患を診断、治療する診療科です。
この領域には歯が原因のものから、癌までさまざまな病気があります。

また交通事故やスポーツなどの外傷や顎変形症、唾液腺疾患などに加え、口腔粘膜の疾患や神経性疾患、 口臭症などの内科的疾患も含まれます。

この領域の疾患により正常な咀嚼機能、構音機能が障害をきたし、また審美的障害までも生じます。

治療を行うことにより失われた機能や形態の回復、症状の緩和を行うことを目的としています。



当院の口腔外科

当院で主に行っている歯科口腔外科治療を以下にご紹介します。

親知らずの抜歯
普通にはえていて、普通に噛めている親知らずは無理に抜く必要はありません。
ただし、親知らずは正しい位置にはえてくることがあまりなく、横にはえたり、はえきらなかったりすることがほとんどで、 腫れたり、隣の歯まで虫歯になることが多く、トラブルの原因となりがちです。
そのため、ちゃんとはえていない親知らずは抜いてしまったほうが良いといえます。

顎関節症
特に若い女性に多い顎関節症では、症状として顎が鳴る、口が開かない、顎が痛いといった症状が出ます。
当院では、顎関節症治療として「薬物療法」やマウスピースによる「スプリント療法」を行っております。

外傷
特にお子様に多い事故による歯の脱臼や歯槽骨骨折などの診断・治療を行います。

画像の説明

一番最初の治療が大切です。また抜けてしまった歯でも、 すぐに戻せば付くこともありますので、その時は歯を牛乳などの中に入れて持ってきてください。
(乾燥させないでください。この場合、抜けてから元に戻すまでの時間が短いほど成功率は高くなります。)

お口の粘膜疾患・のう胞摘出・歯牙移植など
歯牙移植とは主に、奥歯が抜けてしまったところに親知らずを移植する治療法です。
そのため、移植に使用可能な健康な8番(親知らず)が生えていることが、移植の最低条件です。

場合によっては親知らず以外の歯を移植歯として用いることもありますが、親知らず以外の歯を移植する場合には一切保険は利きません。

また、親知らずを移植する場合でも保険適用となるためには、抜歯したその日のうちに親知らずの移植を行う必要があります。 歯牙移植は全ての歯科医院で行われているわけではありません。

いびきやSASでお困りの方に
いびき、SAS(睡眠時無呼吸症候群)といった症状でお困りの方はお気軽にご相談下さい。
症状改善のための専用マウスピース製作などを行っております。


あまが台歯科クリニックの最新ブログ

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional