入れ歯(義歯)の解説

ホーム>入れ歯(義歯)

入れ歯(義歯)

入れ歯

目立たず、しっかり噛める入れ歯

ノンクラスプデンチャー

画像の説明

ノンクラスプデンチャーとは、金属の留め金のない、見た目の自然な入れ歯(義歯)のことです。
現在義歯を使用している方はわかるかと思いますが、部分義歯(入れ歯)には、入れ歯が動かないようにするための金属製の金具(留め金)が付いています。
この金属の留め金が見た目上、目立ってしまい、悩まれている方が多くおられます。
入れ歯でのお悩みで多いのが、次の2点です。

  • 入れ歯が合わず、食事のときに痛む。
  • 入れ歯の留め金が目立って、笑えない

当クリニックでも、入れ歯はなんとか使用できるが、『金具が見えてしまうため、どうにかならないか?』というご要望をよく頂きます。

保険診療の部分義歯の場合、どうしてもこの金属製の留め金が存在します。
上記のお悩みを解決するために当クリニックでは、しっかり噛めて金属の留め金のないノンクラスプデンチャーの製作に力を入れております。

『ノン・クラスプ・デンチャー』は、金属製の留め金の代わりに、プラスチック製の義歯床で義歯を支えます。
そのため、お口を開けてもが金属製の金具が見えないので、審美性に大変優れています。
さらに、破折に強い素材で歯肉の色調と同化して、目立たないことが今までの部分入れ歯とまったく違うところです。



ノンクラスプデンチャーの原理

ノンクラスプデンチャーは、軟らかい材料が歯や歯肉の凹凸に入り込むことによって入れ歯を安定させております。
金属の留め金より柔らかい素材なので、残った歯への負担が少ないことが特徴です。

ノンクラスプデンチャーのメリット

  • 金属の留め金がないので、目立たない
  • 金属の留め金がないので、残った歯への負担を軽減できる
  • 歯茎にジャストフィットし、違和感がない
  • 弾力性の高い素材で壊れにくい
  • 金属アレルギーの心配がない
  • お餅やガムがつきにくい
  • 薄い仕上がりで食事が楽しめる など

ノンクラスプデンチャーのデメリット

  • 保険が適用されないので、治療費がかかる。



マグネット義歯

画像の説明

マグネット義歯とは磁石式義歯固定装置のことです。
従来、部分入れ歯を固定するには残っている歯に金属のバネを使うのが一般的な方法でした。
ところが、このバネ式では使っているうちにバネが弛んだり、変型したり、またはバネがかかっている歯に大きな負担をかけるためにその歯が痛んでしまうといった悩みがありました。
さらに見た目にも前歯にバネが見えて恥ずかしいなどといった問題がありました。

マグネット義歯は強力な磁石(ネオジウム磁石)を入れ歯に仕込んで、バネがかかっていた歯に磁性金属を接着して入れ歯を固定します。

またバネが見えないので入れ歯と気付かれず、自信をもって会話や食事がたのしめるようになったと多くの患者さんに喜ばれています。

マグネット義歯のメリット

  • 装着や取り外しが簡単で手入れが楽
  • 小さくても強力で入れ歯が落ちたりせず食事や会話が楽しめる
  • シンプルな構造でメンテナンス性に優れている
  • 留め金がないので見た目もスッキリと自然
  • 歯に無理な力がかからないので長持ちする
  • 欠損歯1本から適応できる

マグネット義歯のデメリット

  • 磁性金属を接着する歯は神経のない歯でなければならない。そのために、時には神経を便宜的に取る必要がある
  • MRI(磁力を使った断層撮影装置)などの検査の際に義歯をはずす必要がある
  • 心臓ペースメーカーを使っている方には使えません



アタッチメント義歯

義歯の支えになる歯と義歯の両方に特殊な維持装置を取り付けて義歯の安定を図る方法です。
金属のバネを使うことがありませんので、見た目に美しく仕上がるというのが最大のメリットです。
一部の歯を削らなくてはならない場合もありますが、歯を抜かずに施術することができますので、 噛みごたえも良く、快適に食事をすることができます。
※アタッチメントの装置には様々な種類があります。詳しくはお問い合わせ下さい。

アタッチメント義歯のメリット

  • 留め金が必要ないので、見た目が良い。
  • 入れ歯が固定されるので、安定感がある。
  • アタッチメント装置による維持力の調整が可能。

アタッチメント義歯のデメリット


最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional