一般歯科(虫歯)の解説

ホーム>一般歯科(虫歯)

一般歯科(虫歯)

一般歯科(虫歯)

初期虫歯は自覚症状が乏しく、お痛みが出るころには悪化しております

画像の説明

ちょっとしたことで歯が痛い、食事で歯がしみた、鼻炎や頭痛によって起こる歯痛もありますが、 歯にこのような違和感をおぼえたら多くの場合、虫歯である可能性が高いと言えます。

実はごく初期の虫歯は自覚症状がなくほとんど痛みもありません。そのために歯が痛み、しみ出した時点では、ある程度進行した虫歯になっているといえます。 放っておくとさらに進行していくので要注意です。

特に何もしていないのに痛いというのは、虫歯がかなり進行している深刻な状態。
「我慢できないくらい痛くなったら歯医者へ行こう」ではなく、少しでも異変を感じたら早めに歯科医院へ相談することが大切な歯を守る第一歩です。



なるべく抜かない・削らない歯科治療~ドックベストセメント~

画像の説明

最近では、ミニマルインターベーション(虫歯の部分だけを少し削って最小限の詰め方で済ませる)治療により、 神経を取る治療が少なくなってきています。
具体的に「ドックベストセメント法」という虫歯治療法により、虫歯の部分を無菌化し、神経を取らずに治療を行います。
ドックベストセメントというセメントには虫歯の病巣を無菌化する効果があるのです。

ドックベストセメント法の治療手順

  • 虫歯の部分を少し削ります。
  • 数ミリ程度の虫歯の部分を残してドックベストセメントを詰めます。-その際に痛みが無ければ麻酔をしません。
  • その部分を密閉するために詰め物をします。
  • その後に再度詰め物を外して、中の虫歯が再石灰化した事を確認後に-最終処置を行います。

※虫歯の状態によっては、ドックベストセメント方の適用でない場合もございますが、まずはお気軽にご相談ください。

あまが台歯科クリニックの最新ブログ

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional